はじめての中世古文書

講師
蔵持 重裕

日本の中世とは、平安時代の終わりから戦国時代までです。戦乱と混乱の時代と捉えられがちですが、この時代にもルールがありました。特徴的なのは、戦いの中のルールですから、かえって人間と社会の原理的な仕組みがみえ易いことです。この時代を、古文書を読みながら考えていきたいと思います。

そのために古文書の読み方を学んでいきます。具体的には、毎回、古文書のコピーを配布し、その読み方を板書しながら丁寧に読みます。そのうえで、言葉の意味、登場する地名、人物、事件の展開や背景、などを参加者と一緒に考えていきたいと思います。

最初の6回は、古文書の初歩的な知識、さまざまな様式の文書を紹介し、解読していきたいと思います。

その後は、特定の家・村・地域に伝存された文書群を読み進め、地域の歴史の理解を深めるようにしたいと思います。

授業日
第4水曜日 10:30 ~ 12:00
授業料
10,692円(税込) 3ヵ月3回
教材費
数枚のコピー費用がかかります。(講師に直接お支払いください)
持ち物
筆記用具・ノート
講師プロフィール
1984年東京生まれ
立教大学・一橋大学大学院修了
滋賀大学経済学部教授を経て立教大学文学部教授を勤め退職
教室
第2教室 アンセルモ教会教室集会室
日程
〈10月期〉
10/24
11/28
12/26
〈2019年1月期〉
01/23
02/27
03/27
体験会日程
2018年10月24日:1,080円

関連講座
演じる楽しさ入門~俳優のススメ
日本のお寺と仏さま
はじめての中世古文書
美術作品にみるギリシャの神々
はじめての天文学
初心者のための演劇教室
声優による読み聞かせ入門
森で考える植物の不思議
ファミリーヒストリーを調べてみよう
筆跡アナリスト初級資格取得
浄幸の観相学入門 運気アップ~額のかたち~
女子アナが教える活き活き話し方講座
西洋アンティーク入門~鑑定と謎解きのサロン~
3ヶ月!劇団
速読入門~仕事帰りに受講できる夜クラスを新設
朗読のためのボイストレーニング
朗読(話・語・読・誦を楽しく)
やさしい歌舞伎
はじめての朗読
古代ハワイの知恵と考え方