香遊び・御家流香道桂雪会(木曜)

講師
熊坂 久美子(御家流香道桂雪会理事長) 伊藤 香夜子(御家流香道桂雪会理事) 根岸 福余(御家流香道桂雪会講師)

香りの遊びを御存知でいらっしゃいますか。
香道は他の茶道や華道と同じ様に室町時代に興りました。香道と申しますと何かいかめしく聞こえますが、決して難しい固苦しいものではなく、何人かの人が一座して香を聞き、そのかおりを味わい風情を楽しみつつ、その香を聞きあて、同時に古典文学や伝統行事等の組香によって自然に知識や情緒が深まっていきます。
初めに初歩の作法、香の聞き方その用語集を学び、基本の香木の種類・簡単な組香に始まり、次第に初、中級へと進みます。毎回季節の組香の習得を加え、香元手前、執筆作法へと進み、鋭敏な感覚を養い、主客の応待や、同席の相客との協調性等の座の芸能としての作法を体得します。香りの歩んできた道、それに伴う歴史エピソード等も同時に理解出来るようになり、組香も次第に複雑なレベルに進みます。
入門一年後(※皆勤)桂雪会員の資格が得られ、機関誌「桂雪」が配布され、年1回行われる「百炷香会」(聞香鍛錬の会)への出席が許されます。
その他、年初の初会、秋季の桂雪香会等の催しがあり、こちらは桂雪会員でなくとも参加自由です。

<講師からのメッセージ>
星の光や鳥のさえずりのようにかそけくほのかな美しさを持つ香りを御一緒に楽しみましょう。
香りの美しさを言葉で云い表すことは殆んど不可能で、やはり香炉を手にして深く深く香を聞き、人の心に語りかける香の言葉を感じ取りましょう。
男性の方も受講されています。

授業日
第2木曜日 10:30 ~ 12:00
授業料
16,620円 (税込) 3ヵ月3回 うち教材費_5,928円(税込)
持ち物
袱紗、扇子、懐紙、筆記用具
 ※その他につきましては講師よりご説明いたします。
講師プロフィール
■熊坂久美子講師 略歴
十代よりこの道に入り、大倉華桂(ホテルオークラ創立者大倉喜七郎夫人)沖田武子(姉・先代理事長)につき修業
昭和38年桂雪会発足と同時に理事
昭和64年沖田武子の死去により理事長就任
現在に至る。
御家流香道皆傳
N.Y.・北京・シンガポール・ジュネーブに於て
香道を海外に紹介
『香と香道』(雄山閣)『香道入門』(淡交社)に執筆
2006年『香道文学散歩』を上梓
教室
第4教室 野田ビル
日程
<7月期>
7/13
8/10
9/14
<10月期>
10/12
11/9
12/14
<1月期>
1/11
2/8
3/8

関連講座
裏千家茶道(桜井先生)
裏千家茶道(小山先生)
裏千家茶道(稲葉先生)
裏千家茶道(原先生)
裏千家茶道(山口先生)
目黒茶道倶楽部 裏千家茶道教室
表千家茶道
テーブル茶道
小笠原家茶道&美しい和のマナー
初めての煎茶道(黄檗東本流)
テーブルで学ぶ煎茶道
香遊び・御家流香道桂雪会(木曜)
香遊び・御家流香道桂雪会(土曜)