絵手紙(土)

講師
尾見 七重 (日本絵手紙協会 公認講師)

携帯、メール、手軽な通信手段あふれる今だからこそ、人の温もりを伝える絵手紙。「下手でいい、下手がいい」 花、野菜、身近なものをよく見、集中して写生し、一言添えれば、世にただ一枚のハガキの出来上がり。絵も字も筆の線が基本です。先ず線の練習から。色をつける時は大胆に。添える言葉は気取らずに。描き続けるうちに、絵にも字にも文にもその人らしさ、個性が自然ににじみ出てきます。小さなハガキが自己表現の場になります。大きな紙に向かえばのびのびします。描いて楽しく、もらって嬉しい絵手紙。仲間もいます。ご一緒にいかがですか。

絵手紙

授業日
第2土曜 10:00 ~ 12:00
授業料
12,312円(税込)3ヶ月3回
持ち物
青墨、書道用小筆、彩色用隅取筆小、顔彩(16~20色位)、絵の具皿(パレット可)、画仙紙のハガキ、半紙、印(消しゴムで作る)、印泥、4B鉛筆、クロッキー帳又はスケッチブック(ハガキ大)、ティッシュペーパー
講師プロフィール
女43歳、このまま主婦としてだけ歳をとるのは空しい。何かないかともんもんとしていた時、新聞で小池邦夫の名と絵手紙を知る。これだ!思い切って小池氏に手紙を書いたのがきっかけで、1日1枚自己流絵手紙を送るようになり、その楽しさにのめり込む。1年後、すすめられて父、石森延男と「絵日記と絵手紙の親子展」開催。NHK「おはようジャーナル」にとり上げられた。以後、1日1枚の絵手紙はほぼ10年続く。その間個展5回。著書に「ハガキ美術館―台所はわたしの画材屋さん」「紙の上にも三年」(共に絶版)「親子の口笛」「花の絵手紙入門」。銀座及び新宿産経学園講師。
月1回発行の「七重の手書き通信」は今年で29年目。
教室
第3教室 若葉興業ビル
日程
4/8
5/13
6/10
7/8
8/12
9/9

関連講座
絵画教室(水彩・油絵・パステル)
基礎から学ぶ油絵
油絵
15歳からの造形教室
自由に学べる絵画教室
やさしい水彩画
楽しく水彩画を
はじめての水彩画
風景画教室
楽しい絵画(水彩・油絵・パステル)
パステル画・古典模写
デッサン・パステル
絵の時間‐デッサン・水彩ほか
ウォーターカラー&ドローイング
色えんぴつ画
3ステップで描く色鉛筆画
ボタニカルアート(自然史植物画)
ボタニカルアート
はじめてのボタニカルアート
日本画・古典模写(仏画)
日本画
水墨画
墨 絵
絵手紙(水)
絵手紙(金)
絵手紙(土)
絵手紙(井手上先生)
中高年のための楽しいイラスト教室
きりえを楽しむ