能楽「望月」 (解説と鑑賞会付)(10月期)

講師
佐々木 多門(能楽喜多流)

この講座ではテーマ曲を軸にして、能楽の魅力を学んでいきます。まだ能舞台へ行ったことがない方でも、よく能楽をご覧になっている方でも楽しめるように、目黒に能楽堂がある喜多流の能楽師がご案内いたします。
喜多能楽堂公演の鑑賞会が含まれています。肩の力を抜いて、能楽への扉を開けてみませんか。能楽の歴史、謡と舞の面白さや味わうポイント、能面や能装束に触れてみる体験など、内容満載です。質問も気軽にしながら、世界無形文化遺産「能楽」を少しずつ知ることができます。


「望月」

信濃国の住人・安田荘司友春が、従兄弟の望月と口論し殺害されたため、その妻と子の花若は流浪の旅に出た。近江の守山で甲屋という宿屋に泊まったところ、宿の亭主が昔の家来の小沢刑部友房であることを知り再会を喜ぶ。そこへ偶然、敵である望月秋長が宿泊する。亭主はなにくわぬ顔で望月を歓待し、花若の母も盲御前に仕立て、花若と共に座敷に出し、曲舞を謡わせたり、花若に八撥を打たせたりした末、自分も獅子舞を舞う。そして望月が居眠ったすきを見ておどりかかり、花若と二人で敵討ちをしとげる。敵討ちの手段として芸尽くしを見せる能で、<クセ><羯鼓>獅子>と三様の場面となる。能には珍しい劇的な構成でわかりやすい筋立てであるが、劇能としての難しさがある。

授業日
第2・第4金曜日 13:30 ~ 15:00
授業料
17,172円(税込) 3ヶ月6回 ※能舞台鑑賞代金を含みます

持ち物
筆記用具
講師プロフィール
能楽シテ方喜多流職分。日本能楽会会員。能楽協会会員。東京在住。1972年生。喜多流職分佐々木
宗生の長男。喜多宗家内弟子を経て現在、喜多流職分塩津哲生に師事。
ゆかりのある平泉・中尊寺能舞台にて2001年「猩々乱」、2008年「道成寺」を披く。2012年同期の三人と「燦ノ会」を結成し、「石橋」を披く。東京での活動とともに、中尊寺薪能・仙台青葉能・白石碧水園能等、東北の能楽振興に重きをおきながら、国内外各地の公演に参加。東日本大震災復興支援能「息吹の会」実行委員。
教室
第2教室 アンセルモ教会教室集会室
日程
<10月期> 「望月」
10/27
10/10
10/17 校外喜多能楽堂
12/3 公演鑑賞会喜多能楽堂
12/8
12/22
体験会日程
2017年10月27日:1,080円:「望月」

関連講座
日本舞踊(花柳流)
日本舞踊(藤間流)
日本舞踊(坂東流)
宝塚出身講師による 日本舞踊
地唄舞・閑崎流
笑顔で南京玉すだれ