能楽「車僧(くるまぞう)」 (解説と鑑賞会付)  

講師
佐々木 多門(能楽喜多流)

この講座ではテーマ曲を軸にして、能楽の魅力を学んでいきます。まだ能舞台へ行ったことがない方でも、よく能楽をご覧になっている方でも楽しめるように、目黒に能楽堂がある喜多流の能楽師がご案内いたします。
喜多能楽堂公演の鑑賞会が含まれています。肩の力を抜いて、能楽への扉を開けてみませんか。能楽の歴史、謡と舞の面白さや味わうポイント、能面や能装束に触れてみる体験など、内容満載です。質問も気軽にしながら、世界無形文化遺産「能楽」を少しずつ知ることができます。

7月期は能「車僧(くるまぞう)」を取り上げます。徳の高い僧と天狗との法力・禅問答くらべ。おとぎ話の世界さながらの楽しい曲です。その能公演の鑑賞会にも参加します。

車僧(くるまぞう)

牛が牽かない車を、法力で自由自在に飛行させて修行をする「車僧」。冬の嵯峨野に車を出して雪景色を眺めていると、どこからか山伏が現れて、未だ輪廻の迷いの境地から脱却せずにいるのではないかと車僧に問いかけてくる。愛宕山にて待つぞ・・・と言い捨てて、山伏は黒雲に乗り去ってしまう。山伏はすなわち愛宕山の天狗であった。愛宕山へ赴いた車僧。魔道へと誘惑し堕落させようと、天狗は禅問答や行くらべを仕掛けて様々に挑戦するのが・・・。         静(車僧)と動(天狗)との対比が面白く、その対決が気迫みなぎる舞台となる。笑わない車僧を笑わそうとする、間狂言の溝越天狗が笑いを誘う。

 

 

 

授業日
第2・第4金曜日 13:30 ~ 15:00
授業料
17,172円(税込) 3ヶ月6回 ※能舞台鑑賞代金を含みます

持ち物
筆記用具
講師プロフィール
能楽シテ方喜多流職分。日本能楽会会員。能楽協会会員。東京在住。1972年生。喜多流職分佐々木
宗生の長男。喜多宗家内弟子を経て現在、喜多流職分塩津哲生に師事。
ゆかりのある平泉・中尊寺能舞台にて2001年「猩々乱」、2008年「道成寺」を披く。2012年同期の三人と「燦ノ会」を結成し、「石橋」を披く。東京での活動とともに、中尊寺薪能・仙台青葉能・白石碧水園能等、東北の能楽振興に重きをおきながら、国内外各地の公演に参加。東日本大震災復興支援能「息吹の会」実行委員。





教室
第2教室 アンセルモ教会教室集会室
日程
<7月期>
07/06
08/10
08/24
09/07
09/14
09/22
9/22は公演鑑賞会
体験会日程
2018年07月06日:1,080円:※喜多能楽堂で行います

関連講座
日本舞踊(花柳流)
日本舞踊(藤間流)
日本舞踊(坂東流)
笑顔で南京玉すだれ