『あらし(テンペスト)』を楽しもう  シェイクスピアをやさしい英語で

講師
鈴木 五郎 (慶応義塾大学名誉教授)

『あらし(テンペスト)』をまだ読んだことのない方、英語は苦手および得意という方も大歓迎です。教材はメアリー・ラムが青少年向けに書き直したものと、日本語に翻訳されたもののコピーを併せて使用し、日本語でわかりやすく解説していきます。気軽にご参加ください。

ミラノ公国の領主プロスペローは魔術の研究に没頭する余り、政治をおろそかにしてしまいます。弟のアントーニオーとナポリ王の陰謀により領主の地位を剥奪され、まだ三つにもなっていない娘のミランダ共々小舟に無理に押し込まれ、そのまま沖に置き去りにされます。幸い、廷臣ゴンザーローがその小舟に水、食糧、衣服、魔術に関する書物などを、人知れずに積み込んでおいてくれたお陰で、生き延びることができます。

やがて現在の無人島に漂着します。無人島には聞くにたえられない妖術使いのシコラックスがアルジェーから追放され、船乗りにこの島までつれてこられ、置き去りにされていました。善良な妖精のエアリエルはシコラックスによって木の中にはさみこまれてしまい、うめき声を立てる以外なにもできませんでした。これを魔術によってプロスペローは救い出します。この無人島のそばをアントーニオーやナポリ王などを乗せた一艘の大船が偶然通りかかります。次には一体何が?

授業日
毎週金曜日 13:30 ~ 15:00
授業料
32,526円(税込) 3ヶ月13回 (※テキストコピー代込み)
持ち物
筆記用具
講師プロフィール
米国ホープカレッジ教養学部卒業
上智大学大学院英米文学研究科修士課程修了
英国バーミンガム大学附属シェイクスピア研究所修士課程修了
慶応義塾大学大学院英文学研究科博士課程 満期退学


【講師から一言】
無人島に漂着した時にはプロスペローの娘ミランダはまだ三つにもなっていませんでしたが、それ以来12年の歳月が流れました。故郷のミラノに戻り、再度領主の地位につくことはプロスペローにとって長年の夢でした。弟のアントーニオーとナポリ王アロンゾーと和解するだけでなく立派な船に乗船していたナポリ王の息子ファーディナンド王子と恋におちいったミランダの婚礼の式をみることは父親としてこれ以上願ってもないことでした。敵を打ち負かし和解した以上、魔術(magic art)を使う必要もありません。そこでプロスペローは魔法の本と杖を地下深くに埋めることを決意します。空気の精であるエアリエルの護衛によって、プロスペローの一行を乗せた船は無事にナポリに到着する事になります。
『あらし(テンペスト)』はシェイクスピアと同時代の俳優仲間であったジョン・ヘミングズとヘンリー・コンデルによってシェイクスピア(1564~1616)の死後に編纂された『シェイクスピア全集』(1623)の中で最初に取り上げられている作品です。それだけに後期ロマンス劇の範疇に入る『あらし』は、シェイクスピアの劇作家としての立場や姿勢、哲学などを反映した作品といえます。
教室
第2教室 アンセルモ教会教室集会室
日程
<10月期>
10/04
10/11
10/18
10/25
11/01
11/08
11/15
11/22
11/29
12/06
12/13
12/20
12/27

関連講座
マンツーマン英会話 自分のペースで学べる
基礎からのやさしい英会話
リラックス&トークイングリッシュ
英会話レッツトーク
たのしいおしゃべり英会話
ジョン先生の楽しい英会話
ゆっくり英会話入門
ウイッキーさんの日曜英会話
ウイッキーさんの英会話
『あらし(テンペスト)』を楽しもう  シェイクスピアをやさしい英語で
KAYと歌う英語の歌
KAY先生英会話個人レッスン
ゼロからの英会話
外国人先生から学ぶ初めての英会話
日本にいて使える!らくらく英会話入門
気軽に学べる70分英会話
楽しい韓国語会話
旅の韓国語
韓国語個人レッスン
ゼロから始めるフランス語
Bonjourから始めるフランス語
はじめてのフランス語会話
楽しいイタリア語
アルゼンチンタンゴ歌詞の楽しみ
スペイン語初級
スペイン語
アットホームなスペイン語
はじめてのハワイ語と歌の意味
伝わる中国語
手話初級
手話(中級 通訳者養成 通訳実践)
シニアのやさしい英会話