ボタニカルアート

講師
角田葉子 (日本ボタニカルアート協会会員)

植物を「科学の目で観察し、芸術の心で描く絵」それが「ボタニカルアート(植物画)」です。「ボタニカル」とは、「植物学の」という意味で、「アート」は「芸術」。つまり「植物学の芸術」を意味します。モチーフを学問的な視点で観察して、植物学上必要な要素を理解して、絵としても美しく、心を和ませるように描きます。身近な草花や樹木を観察しながら描いていると、思いがけない発見があります。自然は、未知の驚きに満ちています。知らなかったことを発見する喜びと、描く楽しみと、共通の趣味を語り合えるお友達との出会いなど、沢山の喜びがあります。基礎的な技法から応用まで、それぞれの段階に応じて学んでいただきます。ご希望の方は「ボタニカルアート立川展」「ボタニカルアート花葉会(かようかい)展」などの展覧会に参加できます。ご参加くだされば、さらに、楽しみが増えることでしょう。

講師からのメッセージ
誰でも草花と触れ合うと心がいやされます。絵に描ければ草花がもっと身近になります。思い切ってボタニカルアートを始めましょう。一人で描いているよりも、友人と描いていると、進歩も早く沢山の収穫があり、「ボタニカルアートを描こう。」というモチベーションも持続できることでしょう。

授業日
第3木曜 13:00 ~ 15:00
第1金曜 13:00 ~ 15:00
第3木曜・第1金曜 13:00 ~ 15:00
授業料
9,570円 (税込)  3ヶ月3回
18,150円 (税込)  3ヶ月6回
持ち物
初心者:スケッチブック(サイズF4 水彩画用)、鉛筆(H、F、HBなど)、消しゴムまたは練り消し
継続者:水彩用具
講師プロフィール
お茶の水女子大学卒業。植物画家太田洋愛氏に師事。日本ボタニカルアート協会会員。「薬草カラー図鑑」(主婦の友社)、「ハーブの育て方楽しみ方」(家の光協会)、「いきもの探検大図鑑」「小学館の図鑑NEO植物」(小学館)など表紙や挿絵を描く。ハント国際植物画展展示。英国王立園芸協会フラワーショウ「シルバーギルトメダル」受賞。ベストボタニカルアーティスト・BBCガーデナーズ・ワールド2003トロフィー賞受賞。シャーリーシャーウッドコレクション、ビクターマーフェイ記念森田財団、たましん歴史美術館収蔵。「Flora Japonica展」(於:Kewガーデン、科学博物館、練馬区立牧野記念庭園記念館、牧野植物園)展示。
教室
第2教室 アンセルモ教会教室集会室
日程
「10月期」第3木曜クラス
10/17
11/21
12/19
 
「10月期」第1金曜クラス
10/04
11/01
12/06
体験会日程
:ご希望の方は受付までお問い合わせ下さい

関連講座
ヒエロニムス・ボスの作品を見る
初めてのコラージュ
洋画(土曜)
鉛筆で描く
楽しい淡彩画と色エンピツ画
透明水彩入門
はじめてのボタニカルアート
ファッション・イラスト入門
15歳からの造形教室
絵手紙(井手上先生)
風景画教室
絵手紙(水)
楽しく水彩画を
絵の時間‐デッサン・水彩ほか
デッサン・パステル
絵画教室(水彩・油絵・パステル)
楽しい絵画(水彩・油絵)
基礎から学ぶ油絵
油絵
パステル画・古典模写
やさしい水彩画
3ステップで描く色鉛筆画
色えんぴつ画
ボタニカルアート
ボタニカルアート(自然史植物画)
日本画・古典模写(仏画)
日本画(金曜)
絵手紙(金)
はじめての水彩画
水墨画
きりえを楽しむ