短歌実作講座

講師
内野 信子 (中古文学研究者・歌人)

短歌を始めるきっかけは人それぞれに異なることでしょう。
しかし、きっかけのかたちは違っても、いずれもが、<短歌との出会い>ということでは一致します。
私もそうでした。短歌を作ろうなどとはつゆほども思っていなかった頃、ひとりの歌人の講演を聞きました。
「生きた証を残せ」。こう語った歌人加藤克巳との出会いが、私と短歌との出会いでした。その時のわたしはいわば低迷状態にありました。短歌は表現です。しまい込んだ心を表出することは自分を開放することでした。以来四十年ほど、短歌と出会い、いまは短歌を人生の伴走者とも思うようになりました。皆さまにもぜひ、詠うことの楽しさや効用を味わっていただきたいと願っています。

講座の形態は、事前に二、三首の自作短歌を提出していただき、講座日に推敲、添削などを施します。
実作に資するため、古典から現代短歌まで、幅広い秀歌鑑賞も取り入れてみたいと思います。

 

 

講師からのメッセージ

私たちは誰しも、毎日たくさんの感動を体験しています。気づかずに通り過ぎているさまざまな感動(心の動き)をキャッチし、短歌に定着してみませんか。生活への目配り気配りが今まで見えなかったものを見せ、聞こえなかったものを聞かせてくれるはずです。
心を揺さぶってみてください。短歌は私たちに、楽しみや喜びを、悲しみの昇華を、そして勇気すらも与えてくれます。どうぞご一緒に短歌を楽しみましょう。

授業日
第2木曜日 13:00 ~ 15:00
授業料
11,220円(税込)
持ち物
ノート、筆記用具
講師プロフィール
埼玉大学卒業
國學院大學文学研究科日本文学修了
昭和55年 短歌を始め、加藤克巳に師事。
現在「星雲」短歌会編集委員。
現代歌人協会会員。
教室
第2教室 アンセルモ教会教室集会室
日程
<7月期>
07/11
08/08
09/12
<10月期>
10/10
11/14
12/12
<1月期>
01/09
02/13
03/12

関連講座
怪談『諸国百物語』の世界(妖怪・幽霊たちの乱舞)
画像で学ぶ「源氏物語」
『蜻蛉日記』を読む
古事記の魅力
平家物語を読む
稲畑廣太郎の目黒学園句会
全句講評俳句会
初めての土曜の俳句
短歌を楽しむ
大人の短歌入門
短歌実作講座
川 柳
エッセイを書きたいあなたに
エッセイを書きたいあなたに
小説の文学賞をめざそう
フォトエッセイ教室