神楽の楽しみ方 日吉郁美企画講座

講師
三上 敏視 (神楽伝承音楽研究家)

日本各地にある神楽は主に村の祭りとして何百年も続けられてきていて、その祭祀文化としての起源は中世、古代まで遡る。
実際に行われている神楽での説明の多くは「五穀豊穣の祈願や感謝」を目的としているというものだが、かつては神懸かりして「神託」を受けることが神楽の大きな目的だった。
何百年も続けられてきた祭りには時代の変化にも負けず守り続けてきた何かがある。それは日々の暮らしや信仰によって培われてきた、その土地で生きるための知恵であり覚悟であり、祈りなのだ。その境地を芸能によって明るく、夜を徹してはじけて愉しむ神楽も多い。
今も5000はあると言われる神楽は、数の多さと多様な種類のために、全体を捉えるのはとても大変なものだが、講師が全国をフィールドワークして撮影した映像を見てもらいながら神楽の魅力や価値をご紹介します。

 

映像を使った「ビデオジョッキー方式」での講座となります。北から南までなるべくたくさんの「現地の神楽」の様子を見てもらい、お囃子を聴いてもらって「豊かな神楽世界」を紹介したいと思います。
神楽を見ていると日本列島の長い歴史にあった民間の芸能や宗教、生活など文化のほとんどを見つけることが出来ます。これだけ多様な民俗芸能を数多く持つ国は日本だけかもしれません。「神楽を知ることは日本を知ること」なのです。

 

  

授業日
第4日曜日 15:00 ~ 17:00
1月から第3日曜日 ~
授業料
12,540円(税込) 3ヶ月3回
ビジター料金1回 5,280円(税込)ご予約をお願いいたします。
持ち物
筆記用具
講師プロフィール
講講師略歴
1953年愛知県生まれ。早稲田大学卒。
95年より細野晴臣&環太平洋モンゴロイドユニットに参加。
04年5月MICABOX名義でCDアルバム『ひねもす』をリリース。映像を使った「ビデオジョッキー方式」での講座となります。北から南までなるべくたくさんの「現地の神楽」の様子を見てもらい、お囃子を聴いてもらって「豊かな神楽世界」を紹介したいと思います。
神楽を見ていると日本列島の長い歴史にあった民間の芸能や宗教、生活など文化のほとんどを見つけることが出来ます。これだけ多様な民俗芸能を数多く持つ国は日本だけかもしれません。「神楽を知ることは日本を知ること」なのです。

06年6月にロンドンで木津茂理をゲストに単独ライブを行う。
日本のルーツ音楽とネイティブ文化を探していて神楽に出会い、全国の神楽のフィールドワークを重ね、これを広く知ってもらいたいと01年9月に別冊太陽『お神楽』としてまとめる。
09年10月に日本初の神楽ガイドブック『神楽と出会う本』(アルテスパブリッシング)を出版。
13年に出版された『民俗学事典』(丸善出版)で神楽解説の項目を担当。
17年10月に音楽面に焦点を当てた『新・神楽と出会う本』を刊行。

教室
第1教室 アトレ目黒2
日程
【10月期】
10/27
11/24
12/22
1月期
01/19
02/16
03/22
体験会日程
2019年12月22日:4,180円
2020年01月19日:4,180円

関連講座
第4回ウイッキーさんと訪ねるスリランカ大使館&食事会
ショパンの心を巡る音楽の旅
健康講座「医の知」日吉郁美企画講座
らくらく介護二日間講習
神楽の楽しみ方 日吉郁美企画講座
はじめての中世古文書
お寺と仏さま
キリスト教美術入門
江戸・東京古地図散歩~見慣れた町が面白く見えてくる~
東京ぶらり裏散歩 (街歩きと美味しいランチ)
森で考える植物の不思議
賢くなれる「お金講座」
やさしい歌舞伎
はじめての天文学
朗読(話・語・読・誦を楽しく)
はじめての朗読
朗読のためのボイストレーニング
声優による読み聞かせ入門
女子アナが教える活き活き話し方講座
3ヶ月!劇団
初心者のための演劇教室
古代ハワイの知恵と考え方
速読入門~仕事帰りに受講できる夜クラスを新設
西洋アンティーク入門~鑑定と謎解きのサロン~