能楽「鵺(ぬえ)」 (解説と鑑賞会付)  

講師
佐々木 多門(能楽喜多流)

日本の伝統芸能の粋として、世界文化遺産に登録されている能。しかし難解で鑑賞しにくいともいわれています。能を易しく能楽師が解き、身近に親しんでいただくための講座です。解説を聞くだけではなく、能楽堂を見学したり、舞台で使用される面や装束に触れる
こともできます。
7月期は能「鵺(ぬえ)」を取り上げます。天皇を病にし苦しめる妖怪を、命によって源頼政が見事射落とし、その姿をよく見ると、様々な動物のかたちが寄り集まった恐ろしいものであった・・・。能ではその鵺の霊魂が有徳の僧の前に現れて、昔語りをして後生を僧に頼みます。
能公演の鑑賞会にも参加しますので、楽しんでご覧いただける講座です。

鵺(ぬえ)(7月期) ※講師がシテを演じます

諸国を旅する僧が、熊野から都へと向かう途次、摂津の国の蘆屋の里を通りかかった。日もとっぷりと暮れたので里人に案内を乞い、一夜を路傍の堂であかすことにする。夜も更けてしばらくすると、どこからともなく埋もれ木のような舟に乗って、異様な人体が寄ってくる。僧は不審に思って舟人に呼びかけると、自分は鵺の魂であり、源頼政(よりまさ)によって退治された昔語りをして、救いをもとめて消え失せる。僧が読経をし弔っていると、頭は猿、尾は蛇で手足が虎、鳴く声はヌエ(トラツグミ)という鳥に似るという異形の鵺の霊が恐ろしい本性の姿で出現し、宮廷を脅かしたことから討たれて海に流された有様を語り見せる。成仏の道へ引かれつつ、やがて海へと消えてゆく。

平家物語に典拠をとった、世阿弥作ともいわれる曲。主に前段は頼政側、後段は討たれた鵺の側からの妖怪退治談を見せ、二面を併せ持つという凝った作りとなっています。

授業日
第2・第4金曜日 13:30 ~ 15:00
授業料
17,172円(税込) 3ヶ月6回 ※能舞台鑑賞代金を含みます

持ち物
筆記用具
講師プロフィール
能楽シテ方喜多流職分。日本能楽会会員。能楽協会会員。東京在住。1972年生。喜多流職分佐々木
宗生の長男。喜多宗家内弟子を経て現在、喜多流職分塩津哲生に師事。
ゆかりのある平泉・中尊寺能舞台にて2001年「猩々乱」、2008年「道成寺」を披く。2012年同期の三人と「燦ノ会」を結成し、「石橋」を披く。東京での活動とともに、中尊寺薪能・仙台青葉能・白石碧水園能等、東北の能楽振興に重きをおきながら、国内外各地の公演に参加。東日本大震災復興支援能「息吹の会」実行委員。





教室
第2教室 アンセルモ教会教室集会室
日程
<7月期>
07/12
07/26
08/23
09/06
09/22
09/27
9/6、9/27は喜多能楽堂。9/22「鵺(ぬえ)」公演会鑑賞(喜多能楽堂)。
体験会日程
2019年07月12日:1,080円

関連講座
日本舞踊(花柳流)
日本舞踊(藤間流)
日本舞踊(坂東流)
地唄舞 優美な舞い
新舞踊&体操  
笑顔で南京玉すだれ