朗読(話・語・読・誦を楽しく)

講師
斉藤 由織

「朗読」と一口に言ってしまいますが、音声表現には「話(わ)」「語(ご)」「読(どく)」「誦(しょう)」の四つの形態があると捉えます。その四つの音声表現形態を駆使して、目で見る素材、小説・エッセイ・落語・講談などを声だけで表現するよう試みます。まずは基礎訓練として腹式発声法、ボイストレーニング、滑舌練習などで、続いて発声練習の素材として昔より使われてきた「外郎売(ういろううり)」を練習します。そして、いよいよ作品の朗読です。放送作家の西澤實先生の「西澤實の朗読の教科書」「西澤實 朗読・話芸脚本集へんな本」を主な素材テキストとします。選んだ素材に最適な表現形態で練習を積んでいき、教室でお一人ずつ発表をします。そしてお客様にもお運び頂いて朗読発表会を開き、練習の成果を聞いていただきましょう。

教室  第3教室(若葉興業ビル3階)教室案内
授業日

19,700円(税込) 3ヵ月10回

持ち物  テキスト、筆記用具
受講料

①毎週月曜日 10:30 ~ 12:00

②毎週火曜日 13:00 ~ 14:30

③毎週木曜日 10:00 ~ 11:30

④毎週木曜日 18:00~ 19:30

日程

①月曜(1410-1554)

7/05、7/12、7/19、7/26、8/09、8/23、8/30、9/13、9/20、9/27

②火曜(1410-1551)

7/06、7/13、7/27、8/03、8/17、8/10、8/31、9/07、9/14、9/21

※7/20は休講。8/10に振替いたします。

③④木曜(1410-1552、1410-1553)

7/08、7/15、7/29、8/05、8/12、8/26、9/02、9/09、9/23、9/30

教材費 「西澤實 朗読・話芸脚本集へんな本」
上下巻 5,250円
体験会 1回分受講料で随時体験をお受けします。詳しくはお問い合わせください。
講師プロフィール 美しく豊かな日本語の使い手になるために…。数年前から「朗読」がブームだと言われています。当然です。なぜって、すべてのもとは「国語」つまり「日本語」なのです。「朗読」は、その日本語、それも「書きことば」ではなく「話しことば」としての国語を再確認することから始まります。音訳ボランティアで視覚障害の皆さんの役に立ちたい、お年寄りの楽しみのために読みたい、子供たちの感受性を育てたい、などなど…目標は何でもOK!奥深い朗読の世界へ足を踏み入れてみませんか?そしてお仲間と一緒に、美しく豊かな日本語の使い手となることを目指しましょう。
この講座に申し込む