ゆがみ調整骨トレ

講師
SACO ( ピラティスエデュケーター)
歳を重ねるごと骨・筋量は減少します。「骨・筋」量を増やすと宝くじで大金を当選するより幸せなことなのです。同年代でも転倒により怪我や、病気になりやすい人、なりにくい人の差はどこにあるのでしょうか? 体の中を流れている管(血管、リンパ管)を水道管と例えると、長い間使っていないと、しだいにゴミもたまり、劣化します。身体も同様に一日の大半を動かずに座ってばかりいますと、血流、リンパの流れが滞り、肩こり、腰痛、膝痛の原因となり外出も控え、頼るは病院と薬。骨・筋量減少となりますと、転倒しただけで、骨折となるって耳にしたことあるでしょう。(骨粗しょう症) 骨に刺激を与えますと(骨細胞)骨量が増えます。骨・筋量増により、認知予防、免疫力や記憶力低下も防げると言われています。 体の奥にある臓器、骨、筋肉は見えませんが、お互いに語りかけ助け合っていますが、しかし一つ不調になると、他に波及し病の原因となります。 骨・筋肉量を増やすことで、余生が楽しくなると言っても過言ではありません。
教室 第1教室(アトレ目黒2 2階)教室案内
授業日

毎週水曜日 18:30~19:30

持ち物 運動のできる服装
受講料

<4月期> 31,020円(税込) 3ヶ月12回

<7月期>  33,605円(税込) 3ヶ月13回

日程

<4月期>

4/07、4/14、4/21、4/28、5/12、5/19、5/26、6/02、6/09、6/16、6/23、6/30

<7月期>

7/07、7/14、7/21、7/28、8/04、8/11、8/18、8/25、9/01、9/08、9/15、9/22、9/29

体験会 1回分受講料で随時体験をお受けします。詳しくはお問い合わせください。
講師プロフィール 1984年カナダバンクーバーへ留学
Canada British Columibia YMCA インストラクター
養成コース 同州 Recreation & Parks Association Course FitnessTheoryなどでフィットネスの実践、
理論、指導法を取得。
帰国後Japan ANCS インストラクター養成コースや、セントラルストレッチ習得セミナーなどで研鑽を積む。

講師から一言
人間どんなに長生きできても120歳!病気で長生きですと人の介護を要します。私も、過去に大事故や手術を経験後、健康に対する意識、大切さは歳重ねるごとに増しています。2008年のある日、膝に水がたまり検査、その時、医師の勧めで、骨の強度・密度の指標となる骨密度検査*DEXA法(デキサ法)を行い、それをきっかけに10年間、自ら検査しています。
高齢になった今でも骨密度を増やす薬は一度も頼ったことはありませんが、増えています。骨・筋量を増やす基本は、自らの体重を負荷とする「運動」と「バランスの良い食事」です。継続を習慣化することが最も大切です。ご参加をお待ちいたしております。

この講座に申し込む