世界の美術館めぐり

講師
谷岡 清 
  美術教育支援協会理事長・美術評論家

無数にある世界の美術館の中から、質量ともに優れた美術館を選び、主な作品や見るべき名作をじっくり解説。他館の名作との比較、拡大映像で内奥に迫る!
世界各地にある美術館や博物館の所蔵物を鮮明な映像で解説します。
その作品が誕生した現地を訪ね、作品の由来や作者の人柄、時代背景などを詳しく紹介します。

<2022年4月期の予定>

第1回 4月6日(水) 【アムステルダム国立美術館】 オランダ

オランダを代表する画家レンブラントの超大作「夜警」やフェルメールの「牛乳を注ぐ女」など、17世紀のバロック絵画の名作が次々と現れる展示室は、時間を忘れさせる密度の濃い空間。特に「夜警」は、レンブラント・マジックで見る人も画面の中へ…。

◆第2回 6月 1日(水)【ナポリ国立美術館】 イタリア

AD79年、ヴェスヴィオ火山が大爆発!噴煙と火砕流に襲われたポンペイの街は一瞬にして死の街へ。ローマ時代の1日が街ごと保存され、歴史資料に。「アレキサンダーのモザイク画」や死者の姿、娼館の形態も博物館に展示。古代彫刻と発掘品は必見!

第3回 7月6日(水)【兵馬俑(へいばよう)博物館】 中国

BC3世紀、中国を初めて統一した秦の始皇帝は、即位とともに自らの陵墓の建設に着手した。広大な地下陵墓は未発掘だが、それを取り囲む地下壕で膨大な兵馬の俑が発見され、世界の注目を集めた。数千に及ぶ等身大の兵馬は全て異なり、生きた人間の迫力!

第4回8月3日(水)【ニューヨーク近代美術館】 アメリカ

マンハッタンの中央に位置するこの美術館は、ゴッホ、ルソーからピカソ、マチス、ポロックに至るまで、近・現代美術の幕開けを告げた。

◆第5回 9月7日(水)【大エジプト博物館】 エジプト

遥かにピラミッドを望むギザに、10万坪に及ぶ大エジプト博物館がオープンする(予定)。これまでカイロ博物館で収蔵・展示されていた発掘品を巨大な施設に移転、一部展示のツタンカーメンの黄金財宝などは全て展示。悠久3000年の精華を一同に公開!          

※日程は変更になる場合もあります。 

                 

            

 

教室 第3教室(若葉興業ビル 3階)教室案内
授業日

第1水曜日 13:00 ~ 14:30

持ち物 筆記用具
受講料

15,400円 (税込) 6ヵ月5回

日程

<4月期> ※6カ月講座

4/06、6/01、7/06、8/03、9/07

※日程は変更になる場合もあります。

体験会 1回分受講料で随時体験をお受けします。詳しくはお問い合わせください。(3,080円)
講師プロフィール 美術教育支援協会理事長・美術評論家
東京大学文学部美学美術史学科卒業
日本経済新聞社入社 美術担当 世界中を取材旅行で回る。


この講座に申し込む