フィトテラピー~基本の香りの精油とハーブ~

講師
鈴木あずさ (le boisル・ボア フィトアドバイザー)

フィトテラピーとは植物の持つ、薬理作用の力を身体に取り入れ、私達の自然治癒力を高め、病気やケガの予防、ケアをする、ヨーロッパで3000年の歴史をもつ伝統療法の総称です。日本語では「植物療法」といわれます。
気分をリフレッシュしたいときには、ミントティーを飲む、リラックスしたいときにはラベンダーの香りの入浴剤で入浴、気分が華やかになるローズの香りのハンドクリーム、と実は、私達は日常でも、何気なく、フィトテラピーを取り入れています。
植物の力を身体に取り入れるための方法は『飲む・塗る・香る』の3つが基本です。
この講座では、私が実際に日常生活で頻繁に使用したおすすめの精油やハーブ、またその簡単な使い方、ハンドバームや、ネイルオイルといったプロダクト作りをとおして、日常生活に簡単に楽しく取り入れられるフィトテラピーをご紹介していきます。

 

教室 第2教室(カトリック目黒教会集会室)
授業日

第1.3木曜日 10:00~11:30

持ち物 筆記用具
受講料

12,650円(税込) 3ヶ月5回

日程

<7月期>

7/01

(体験会)
☆フィトテラピーとは?
基本の香りの精油、日常での使い方の説明
ハンドバームづくり

7/15

☆おすすめのハーブ、
ハーブの種類
ハーブ抽出液、チンキ剤づくり

8/05

☆抗菌スプレーづくり
ルームスプレーづくり

8/19

☆バスソルトづくり
チンキ剤完成

9/02

☆ネイルオイルづくり

9/16

☆ダッジ―マッジー小さなハーブのブーケづくり

教材費 1回1,100円程度
教室にて直接講師にお支払いください。
体験会 7月1日(木)10:00~11:30 3,630円
講師プロフィール パリのオーガニックカフェ、Rose bakeryで焼き菓子を作っていました。それと同時にフラワーアレンジメント教室のアシスタント。そういった経験やパリでの暮らしから、自然の持つポジティブな力に興味を持ち、帰国後、日本で唯一の「フランス フィトテラピー普及医学協会 AMPP」認定校である、『 le bois ルボア フィトラピースクール 』を受講し、植物療法を学ぶ。

講師から一言
フィトテラピーは、まず自分から。
自分をいたわり、笑顔いっぱい幸せになったら、次は家族や友人、自分の身の周りの人に元気のおすそ分けができます。忙しい日常から少し離れて、良い香りに包まれ、ハーブティーと楽しいおしゃべりでほっとするひとときを過ごしましょう。
この講座に申し込む