漢字検定2級対策講座

講師
江頭 竜一郎
日本漢字能力検定協会認定漢字教育サポーター

漢字は今から約3,300年前、殷王朝期の中国で出来ました。最古の漢字は甲骨文字とされ、以降、金文、篆書、隷書、草書、楷書、等と展開していきます。

 一つ一つの漢字には、それぞれいろいろな物語があるのです。現在使用されている常用漢字は多く、ルーツから簡略化しています。そのオミットされた部分にスポットを当てたいと存じます。

 レベルは基本的な読み書きができる証しとなる漢字検定2級に特化した講座です。
毎回一つのテーマ(糸、心、土、病、お金、等)を設定し展開します。

いずれも古代文字を使用し、書き取り重視。
 ただ、「漢字検定対策」と銘打っていますが、漢検を受験されない方も大歓迎、生活に役立つ楽しい講座を目指します。

教室  第2教室(カトリック目黒教会集会室)教室案内
授業日

第2・4木曜 13:30~14:30

持ち物 ノート・筆記用具 
受講料

15,400円(税込) 3ヵ月5回

日程

〈7月期〉

7/29、8/12、8/26、9/09、9/23

体験会 7月8日(木)13:00~14:30 (1,100円)
講師プロフィール 講師からメッセージ
あまりにも身近にある不思議、それが漢字だと思います。「落ち着いて穏やかな様を意味する静の中に戦争の争があるのはどうして?」、「九と鳥で何故鳩(はと)なの?」
「そういや鳥と島は似てるなぁ」 こういった謎に楽しく解説をし、漢字を理解していきます。さあ、私と漢字という旅をしましょう!
この講座に申し込む