江戸・東京古地図散歩~見慣れた町が面白く見えてくる~

講師
岡本 永義(歩き旅応援舎代表)

世界でも有数の近代都市東京。ところがこの町のルーツは、実は江戸時代の江戸にあります。徳川家康以来の町づくりによって江戸の町が築かれ、明治時代以降もこれを基礎として東京の町は発展してきたのです。
そのため東京には日ごろ見慣れたところにも、あちらこちらに今も江戸の名残が残っています。「どこに?」と思ったみなさん、一緒に江戸時代の古地図を見ながら東京の町を歩いてみましょう。町の名前にも、道の形にも、駅や学校の立地にも、あらゆるところに「江戸」は今も生きているのです。
この講座では江戸時代の古地図と現在の地図とが掲載された資料を見ながら、毎回約5km、およそ3時間かけて歩きます。見慣れた町の意外な場所に江戸の名残が見つかります。イヤホンガイドを使用します。

(定員20名)

Exif_JPEG_PICTURE
Exif_JPEG_PICTURE
授業日
4月14日(火) 10:00 ~ 13:00 水天宮前~御茶ノ水コース
5月12日(火) 10:00 ~ 13:00 八丁堀~新橋コース
6月9日(火) 10:00 ~ 13:00 広尾~芝公園コース神保町~市ヶ谷コース
授業料
10,560円(税込) 3ヶ月3回 (保険料330円 イヤホンガイド代990円を含む)
持ち物
日差し除けの帽子、飲み物、タオル、カメラ、筆記用具など
講師プロフィール
成蹊大学法学部出身。会社勤めの後、平成24年から町あるきのガイドとして活動。
 平成26年に歩き旅応援舎を設立。古地図を見ながらの町歩きと東海道を歩くガイドとして町や地域、そして今の世の中のルーツを語っている。
講師から一言
歩けばすべてのものが見えてきます。そして好奇心によって世界は広がります。江戸時代の古地図を見ながら、江戸から東京への移り変わりと、そして今私たちが暮らしている世の中のルーツを探る町あるきにでかけましょう。
教室
校外
日程
〈4月期〉
04/14
05/12
06/09
体験会日程
2020年03月10日:3,190円:本郷~茗荷谷

関連講座
地震を科学する
ウイッキーさんと訪ねるギニア共和国大使館
作曲家ショパンの知られざる美学
結果を出す株式投資講座
はじめての中世古文書
お寺と仏さま
キリスト教美術入門
江戸・東京古地図散歩~見慣れた町が面白く見えてくる~
東京ぶらり裏散歩 (街歩きと美味しいランチ)
森で考える植物の不思議
賢くなれる「お金講座」
やさしい歌舞伎
はじめての天文学
朗読(話・語・読・誦を楽しく)
はじめての朗読
朗読のためのボイストレーニング
声優による読み聞かせ入門
女子アナが教える活き活き話し方講座
3ヶ月!劇団
初心者のための演劇教室
古代ハワイの知恵と考え方
速読入門~仕事帰りに受講できる夜クラスを新設
西洋アンティーク入門~鑑定と謎解きのサロン~