〈屋外講座〉東京スリバチ街歩き講座

講師
皆川 典久 (東京スリバチ学会 会長)

京都心には、渋谷や四ツ谷、市ヶ谷・谷中など谷のつく地名がたくさんあります。それらの町は実際に谷間に立地することが多く、「谷」は東京の地形を知る上でキーワードに違いありません。無数の谷間が集まって、複雑な凸凹地形をつくっているのが東京の地形の特徴。「東京は坂の町」と紹介されることがありますが、その理由はまさに東京特有の凸凹地形に由来するものなのです。
本講座では、そんな凸凹地形に着目し、2時間半~3時間程度の町歩きを、各自に配布されるイヤホンガイドを使い、講師の説明を聴きながら開催されます。密になることを避けられ、講師の説明を聞き逃すことなく楽しめる設定です。
講師の皆川典久氏は、『タモリ倶楽部』や『ブラタモリ』など、TV番組やラジオなどに出演多数。著書に『凹凸を楽しむ東京スリバチ地形散歩』(宝島社)、『東京スリバチの達人』(昭文社)、『東京スリバチ街歩き』(イースト新書)など多数、地形町歩きの第一人者です!

教室 校外
授業日

土曜日 13:30~16:00

持ち物 町歩き用地図(当日配布)
受講料

8,800円(税込) 2ヶ月2回 (イヤホンガイド使用料、保険料を含む)

日程

〈4月期〉第1回

4/30

※講師都合により、4月16日を4月30日に変更させていただきました。

赤坂・溜池・虎ノ門 赤坂見附交番前集合、虎ノ門駅解散


第2回

5/14

六本木・麻布・広尾 日比谷線神谷町駅改札(中目黒方面、1番2番出口方面)集合 麻布十番駅解散

体験会 1回分受講料で随時体験をお受けします。詳しくはお問い合わせください。
講師プロフィール 2003年東京スリバチ学会設立。2012年『凹凸を楽しむ東京「スリバチ」地形散歩』(洋泉社)を出版、翌年に続編も出版した。2014年にグッドデザイン賞を受賞。2020年に『東京スリバチの達人・分水嶺北部編・南部編』(昭文社)を刊行、最新刊に『東京スリバチ街歩き』(イースト新書)。『タモリ倶楽部』や『ブラタモリ』などTV番組やラジオ番組に出演多数。

講師から一言

東京はスリバチの都?!世界でも稀な東京特有の凸凹地形を体感できる、2時間半~3時間程度の町歩きを一緒に楽しみましょう。その町特有の歴史や文化を、地形をヒントに読み解く、謎解き散歩のコースを用意してます。目からウロコ?!町の見方が変わること間違いなしです!
備考 【当日連絡先】 080-3694-2650(当日のみ)
・ 13:30出発です。資料とイヤホンをお渡ししますので、出発の5分前までにお集り下さい。
・ 歩きやすい服装と靴でご参加下さい。
・ 雨具、帽子、飲み物、常備薬、健康保険証などを必要に応じてご持参下さい。
・ 荒天などで中止の場合は、前日の日中にホームページに掲載するとともに、電話,メール等で
  ご連絡いたします。
・ 講師の病気、受講者の人数が一定数に達しないなど、諸条件によって中止になる場合がありま
  す。
・ お支払いいただいた受講料は、欠席の場合でもお返しいたしません。
この講座に申し込む