〈屋外講座〉 東京・階段と坂のある街散策

講師
松本 泰生(尚美学園大学講師)

東京の山の手は武蔵野台地があり起伏に富んでいます。町中や寺社にある階段や坂を手掛かりにして街を歩き、その歴史や現在の街並み・都市空間、眺望などを体験し、新旧の建物も見ていきます。

教室 校外
授業日

第4土曜日 13:30~16:00

持ち物 歩きやすい服装や靴でご参加ください。
受講料

10,890円(税込) 3ヶ月3回 (イヤホンガイド使用料、保険料を含む)

日程

〈4月期〉第1回

4/09

4月9日 目黒〜五反田
目黒駅から上大崎、白金台を経てJR五反田駅へ向かいます。白金台地の高台と目黒川の支流が刻んだ谷の間に造られた多くの階段と坂を訪れます。大名屋敷庭園の名残を残す池田山公園や、城南五山のひとつである花房山など、地形を読み込んで造られた緑地や住宅地などを見て行きます。また、旧公衆衛生院の建築を改装した港区立郷土歴史館にも立ち寄ります。
集合場所 JR目黒駅 中央改札口
解散予定場所 JR山手線 五反田駅
約5.8km

第2回

5/28

5月28日 神楽坂
風情のある花街として知られる神楽坂の路地と階段を巡ります。熱海湯階段をはじめ、魅力的な階段が多い神楽坂、本多横丁、兵庫横丁などの小路を巡り、毘沙門天善国寺、筑土八幡神社、赤城神社などの寺社を訪れます。さらに牛込台地を西へ向かい、左内坂、市ヶ谷八幡宮などを経て市ケ谷駅へ向かいます。
集合場所 JR飯田橋駅 西口
解散予定場所 JR市ケ谷駅
約5.4km

第3回

6/25

6月25日 上野公園・谷中
上野公園内の階段・坂と史跡を巡り、上野東照宮池之端参道の石段、清水坂、三段坂などを訪れます。さらに玉林寺わきの井戸付き階段を上り、谷中の寺町を散策し、谷中銀座と夕やけだんだん、地蔵坂を経て、JR西日暮里駅へ向かいます。古くからの街並み景観が残るまちを訪ね歩くコースです。
集合場所 JR上野駅 正面玄関口
解散予定場所 JR西日暮里駅
約5.4km

体験会 1回分受講料で随時体験をお受けします。詳しくはお問い合わせください。
講師プロフィール 1966年静岡県生まれ。尚美学園大学講師・早稲田大学元客員講師。早稲田大学大学院理工学研究科修了(博士(工学))。
都市計画系研究室での、都市景観・都市形成史研究の傍ら、90年代から東京の階段を訪ね歩く。著書は『東京の階段』(日本文芸社)、『凹凸を楽しむ 東京坂道図鑑』(洋泉社)など。

講師から一言
東京都心山の手は、武蔵野台地の高台とその間の谷地が複雑に入り組み起伏に富む地形になっています。階段や坂を上り下りして東京の地形を体感し、階段や坂のある景色や眺望を楽しんでみましょう。高台には御屋敷街が、また坂下の谷地には川跡の暗渠や池があったりします。階段や坂を手掛かりにしながら、街の歴史をたどり、今昔の街並みや都市空間を見て行きます。

備考 【当日連絡先】 080-3694-2650(当日のみ)
・  13:30出発です。資料とイヤホンをお渡ししますので、出発の5分前までにお集り下さい。
・ 歩きやすい服装と靴でご参加下さい。
・ 雨具、帽子、飲み物、常備薬、健康保険証などを必要に応じてご持参下さい。
・ 荒天などで中止の場合は、前日の日中にホームページに掲載するとともに、電話,メール等でご連絡いたします。
・ 講師の病気、受講者の人数が一定数に達しないなど、諸条件によって中止になる場合があります。
・ お支払いいただいた受講料は、欠席の場合でもお返しいたしません。
この講座に申し込む