稲畑廣太郎の目黒学園句会

完全な型で句会を行い、句作の楽しみ、選句の楽しみ、披講の楽しみ、名句の楽しみ等を通して、百年以上続いて現在に息づく伝統俳句の真髄に触れます。

           

<授業内容>

7句持ち寄りで句会を行います。
基本的に兼題句会とし、互選の後、それぞれ特選一句を講評し、披講の後、選者特選の講評を行います。名告は披講の時に行います。
純粋に句会の楽しみを味わう為に、賞は一切設けません。

教室 第2教室(アンセルモ教会集会室)教室案内
授業日

第4水曜日 13:00~16:00

持ち物 筆記用具
受講料

10,230円(税込) 3ヵ月3回

日程

<4月期>

4/28、5/26、6/23

<7月期>

7/28、8/25、9/22

※日程は変更する場合がございます。

体験会 1回分受講料で随時体験をお受けします。詳しくはお問い合わせください。
講師プロフィール 講師略歴
昭和32年5月20日、兵庫県芦屋市生まれ。
幼少の頃より俳句に親しむ。
昭和57年3月甲南大学経済学部卒業。
4月合資会社ホトトギス社入社、本格的に俳句を志す。
昭和63年1月ホトトギス同人及び俳誌「ホトトギス」編集長。
平成12年財団法人虚子記念文学館理事。
平成13年社団法人日本伝統俳句協会常務理事。
平成17年「ホトトギス」副主宰。
平成25年より「ホトトギス」主宰に就任。
著書に句集『廣太郎句集』『半分』。『曽祖父(ひいじいさん)虚子の一句』。
この講座に申し込む