全句講評俳句会

講師
井上 泰至((社)日本伝統俳句協会常務理事)   

当日提出された全ての作品について、その良し悪しだけでなく、句の発想、言葉の選択や使い方、添削例まで解説致します。季語・文法・名句の解説なども適宜織り込み、俳句をご一緒に楽しんでいきたいと思います。

※5句提出が基本ですが、最初は1句でも構いません。

教室 第1教室(アトレ目黒2・2F)教室案内
授業日

第3水曜日 12:30~14:20

持ち物 筆記用具、歳時記など
受講料

9,405円(税込) 3ヶ月3回

日程

<4月期>

4/20、5/18、6/15

<7月期>

7/20、8/17、9/21

※日程は変更する場合がございます。

体験会 1回分受講料で随時体験をお受けします。詳しくはお問い合わせください。
講師プロフィール 昭和36年生まれ。句歴二〇年。『若葉』同人を経て、日本伝統俳句協会常務理事。
専攻、江戸文学、近代俳句。著書に『俳句のルール』(編著、笠間書院)、『子規の内なる江戸』(角川学芸出版)、『正岡子規―俳句あり即ち日本文学あり』(ミネルヴァ書房)など。
備考 講座の進め方
1.俳句を5句持ち寄って、互選をします。
2.講師は全ての句について、句の発想に注意しながら、コメントをします。
3.文法や言葉の位置・使い方に留意し、必要に応じて添削を行います。
4.遠慮なくご質問ください。
5.関連する、季語や歳時記の例句、文法などの解説も適宜行います。


<講師からのメッセージ>
俳句に興味はあるけれど、難しそうだと思っておられませんか?
詠んではみたが、どこが良くてどこが悪いかわからないので困っておられませんか?
自信作の欠点はどこか、納得いく説明が聞きたいと思っておられませんか?
句会と講評を通して自分の句を客観的に見て、直せるようにするための講座です。
この講座に申し込む