初めての土曜の俳句

俳句には興味はあるけど、「文学の素養がないから」「言葉を知らないのが恥ずかしいから」そんな理由で踏み出せない方の声をよく聞きます。また、「俳句をやっています」と言うと「高尚なご趣味ですね」と言われます。 それは、江戸俳句、明治の俳句、戦前俳句、戦後俳句、現代俳句、今の俳句、すべての「俳句」をひとくくりにしているからでしょう。 この講座では、毎回20分程度、各時代の代表的な句をレクチャーします。みなさんに、「今のナマの俳句」を知っていただきたいからです。残りは実作の時間です。現在のナマの「俳句」を知ると、そうした俳句に対するイメージが大きく変わります。すると、「私らしい俳句が作れる」と思えるはず。季語、定型、切れ字など俳句の決まりごとは実作の過程で丁寧に説明します。 まずは、自分の思いを自分の言葉で作品にしてみましょう。
教室 第1教室(アトレ目黒2・2F)教室案内
授業日

第4土曜日 13:15~15:00

持ち物 筆記用具
受講料

8,580円(税込) 3ヶ月3回

日程

<4月期>

4/24、5/22、6/26

<7月期>

7/24、8/28、9/25

体験会 1回分受講料で随時体験をお受けします。詳しくはお問い合わせください。
講師プロフィール 1960年7月生
1992年吉田鴻司に師事
元『俳句界』編集次長 俳人協会会員
「街」主宰今井聖 同人
「百鳥」主宰大串章 同人
備考 講師から一言
自分が思った通りのことが自分らしく表現できた時、そしてその作品が読み手の共感を得たとき。こんなに嬉しいことはありません。
あなたにもぜひ、この嬉しさを味わっていただきたい。この講座は、「あなたらしい表現の俳句」を作るサポートをいたします。

この講座に申し込む