エッセイを書きたいあなたに

講師
天野 京子 (木村治美エッセイストグループ会員)

毎日の暮らしの中でふと感じたこと、旅先でのハプニング、若き日の甘酸っぱい思い出など、誰にでもその人ならではの経験談があるはずです。それらを文章に書くことで気持ちの整理がついたり、自分を客観的に見つめたり、また、人生を歩んだ記録として残しておくこともできます。エッセイが日記や手紙と違うのは、不特定多数の読み手がいるということ。誰が読んでもわかる文章でなくてはなりません。そのためには書き方の工夫が必要になり、他人からどう読まれているのかを知るのも、独りよがりにならないために大切なことです。「恥をかく」つもりで1600字のエッセイを書き、それぞれの作品を読みあう合評形式をとりながら、心に響く仕上がりになるようお手伝いいたします。基本的にテーマは自由ですが、ときには決められたテーマにも挑戦していただきます。

教室 第2教室(アンセルモ教会集会室)教室案内
授業日

第3火曜日 13:00~15:00

持ち物 筆記用具
受講料

12,870円(税込) 3ヶ月3回

日程

<7月期>

7/20、9/21

<10月期>

10/19、11/16、12/21

<1月期>

1/18、2/15、3/15

体験会 1回分受講料で随時体験をお受けします。詳しくはお問い合わせください。
講師プロフィール 1989年 木村治美エッセイストグループ設立と同時に入会。
エッセイスト木村治美に師事しながら、カルチャースクールや通信教室の添削講師を務め、現在に至る。
備考 講師からのメッセージ
エッセイを書いてみたいけど私にできるかしら、という方にお薦めの講座です。難しい言葉や美辞麗句を並べる必要はありません。自分なりの言葉で思いを綴ってみましょう。実作を通して「よりよいエッセイの書き方」のコツを口頭添削でご指導いたします。また、ほかのお仲間の作品を読むことで自分の知らない世界が広がり、人それぞれの暮らしぶりや考え方の違いが学べる楽しさもあります。
この講座に申し込む