はじめてのボタニカルアート

講師
神 利子 (植物画家)

ボタニカルアートとは、植物の美しさと科学的な成り立ちをありのままに表現する絵画です。スケッチの描き方、絵具の使い方など一人一人の進み具合に添って丁寧に説明しながら学んでいきます。
 始めにスケッチをします。それをトレーシングペーパーに写し彩色する用紙に転写します。ここまでは少々面倒な工程ですが作品が完成したときにとても綺麗です。次にやっと絵具で彩色いたします。
 絵具は透明水彩絵具を使います。薄い色を何度も塗り重ね陰影を出し立体感のある作品に仕上げていきます。6回で一つの花材を全員が完成するようにゆっくり進めていきます。

教室 第4教室(野田ビル6階)教室案内
授業日

第1・3月曜日13:00 ~ 15:00

持ち物 スケッチブック(目の細かいタイプ)・消しゴム・スケッチ用2Bの鉛筆・鉛筆削り・その他の用具は初回に説明いたします。
受講料

21,780円(税込)  3ヶ月6回 (教材費込)

日程

4月期

4/05、4/19、5/17、5/31、6/07、6/21

7月期

7/05、7/19、8/02、8/30、9/06、9/20

※日程は変更になる場合があります。

体験会 1回分受講料で随時体験をお受けします。詳しくはお問い合わせください。
講師プロフィール 1991年~2003年 小柳吉次氏に師事
1999年より NHK文化センター講師
以降、カルチャーセンター等でボタニカルアート教室を開き現在に至る

この講座に申し込む