きりえを楽しむ

講師
杉浦 正道 (日本きりえ協会常任委員長・東京きりえ美術会会長)

きりえは、紙を切って絵を作る美術です。私たちの生活を豊かに彩る小さなカットから展覧会に出せる本格的きりえ作品まで、基本から応用まで一つ一つ丁寧に楽しく学びます。下絵の作り方や効果的な表現のできる紙の切り方、そして彩色の仕方から額装の仕上げまで、きりえの魅力を心ゆくまで楽しんで、生活をリフレッシュしましょう。

教室 第4教室(野田ビル 6階)教室案内
授業日

第2・4木曜日 10:15 ~ 12:15

持ち物 カッターナイフ、大和のり、スケッチブック、 筆、墨汁、鉛筆、練り消しゴム、カッティングマットなど
受講料

18,480円 (税込)  3ヶ月6回

日程

7月期

7/08、7/22、8/12、8/26、9/09、9/30

※日程は変更になる場合もあります。
※講師都合により日程変更 9/23→9/30(8/26変更)

10月期

10/14、10/28、11/04、11/25、12/09、12/23

※日程は変更になる場合もあります。

1月期

1/13、1/27、2/10、2/24、3/10、3/24

※日程は変更になる場合もあります。

体験会 1回分受講料で随時体験をお受けします。詳しくはお問い合わせください。
講師プロフィール 1974年 第1作 埼玉県上福岡市
1992年 東京きりえ美術展 大崎・O美術館 以降毎回出品
1995年 日本きりえ美術展 上野・東京都美術館 以降毎回出品
1995年 アメリカ展 米・コロンビア アートセンター 各地・きりえ指導
1996年 彩の国きりえ展 さいたま近代美術館 以降毎回出品
1996年 中国展 北京市・宣武区少年宮 北京・
西安 両剪紙学会交流視察
1998年 ひょうげん展 大崎・O美術館
2000年 作品贈呈「時の鐘」 船橋 川越市長
2001年 ドイツ展 独・デュッセルドルフ
2001年 作品贈呈「川越点描」 土屋 埼玉県知事
2002年 日中きりえ・剪紙芸術交流展 中国・西安、咸陽市 美術交流
2005年 東京新聞賞
2008年 パリ展 仏・エスパス・カルチュレル・
ベルタンポアレ
※その他、家族展や個展を開催
この講座に申し込む