象形文字書道~白川静氏の成り立ちに学ぶ~

講師
安東 麟
甲骨文、金文は面白い! 現在使用されている文字の中でもっとも歴史が古いとされる、漢字。 大人になったいま、改めて漢字の先祖である甲骨文、そして、黄金に輝いていた青銅器の文字である金文を知り、その成り立ちと、字形を楽しみながら書いてみませんか。
教室 第2教室(アンセルモ教会)教室案内
授業日

第2・4金曜日 13:00~15:00

持ち物 半紙、墨を含む書道道具一式、筆記用具
受講料

19,800円(税込) 3ヵ月6回

日程

〈4月期〉

4/09、4/23、5/14、5/28、6/11、6/25

体験会 1回分受講料で随時体験をお受けします。詳しくはお問い合わせください。
講師プロフィール 甲骨文や金文を含む古代の文字を専門に研究する書家。
東京を拠点に、白川静氏の字説に準拠した古代文字の
書の教室を展開する。

2019年259号芸術新聞社『墨』特
別企画甲骨文字発見120年 甲骨文字は面白い!を筑
波大学菅野智明教授監修にて、安東麟が解説を担当す
る。

題字揮毫多数、主なものに、福井県白川静100周年
講演大字揮毫、とんねるずの「食わず嫌い王決定戦」、
映画『残侠』がある。『学書会』主宰。

立命館白川静記念東洋文字文化研究所『漢字学研究会』会員、『書論研究
会』会員、『白川静会』会員、池袋漢字を学ぶ会会員。

日頃から甲骨文、金文にかかわる研究家だからこそ、甲
骨文、金文書道の講座には、古代中国の文字を楽しむ
ための様々なヒントがちりばめられています。
備考 講師からのメッセージ
甲骨文、金文は誰もが初心者です!どうぞお気軽に!!

資格制度(○有・無)  講師資格は(○有・無)( 3 )年
で取得可能。
この講座に申し込む