伝わる中国語

講師
劉 厦

日本を訪れる中国人観光客が増加しています。「爆買い」という言葉も流行しましたが、買い物目的だけではなく、不動産の投資や医療機関の診断、茶道や華道といった日本の文化体験や、音楽やスポーツを目的とする人など、観光の目的も多様化しており、様々な場面で中国語ができる人材のニーズが高まっています。
本講座では、世の中の流れに応じて、入門クラスから「読む・聞く・話す」ための様々な練習を行い、相手の言うことに反応する力、自分の考えを伝える力を育てていきます。
今中国語を学べば、経済最前線のビジネスへの就職や再就職、ボランティアなどに活躍の場が広がります。今こそ中国語に挑戦してみませんか?

教室 第3教室(若葉興業ビル 3階)教室案内
授業日

水曜日 13:00 ~ 14:30 (中級)

土曜日 11:40 ~ 13:10 (初級)

土曜日 13:30 ~ 15:00 (入門)

持ち物 筆記用具、テキスト
受講料

<4月期>水曜日:41,580円(税込) 3ヵ月12回、土曜日:45,045円(税込) 3ヵ月13回

<7月期>水・土曜共:38,115円(税込) 3ヵ月11回

日程

<4月期>水曜日

4/06、4/13、4/20、4/27、5/11、5/18、5/25、6/01、6/08、6/15、6/22、6/29

※日程は変更する場合があります。

<4月期>土曜日

4/02、4/09、4/16、4/23、4/30、5/07、5/14、5/21、5/28、6/04、6/11、6/18、6/25

※日程は変更する場合があります。

<7月期>水曜日

7/06、7/13、7/20、8/10、8/17、8/24、8/31、9/07、9/14、9/21、9/28

※日程は変更する場合があります。

<7月期>土曜日

7/02、7/09、7/16、7/23、8/13、8/20、8/27、9/03、9/10、9/17、9/24

※日程は変更する場合があります。

体験会 1回分受講料で随時体験をお受けします。詳しくはお問い合わせください。
講師プロフィール 中国語講師
筑波大学大学院修士課程修了

《 講師からのメッセージ 》
目を閉じれば耳がよく聞こえる。日本人にとって、中国語の勉強では特に目の「副作用」が大きいようです。漢字が目に入ると、日本語の漢字の発音が心の底に響き始め、中国語本来の発音が聞こえなくなり、覚えにくくなります。スマホで中国語の音声入力をし、自分の発音があっているかを簡単に確認する方法などを使って、相手にちゃんと伝わる発音を身につけます。
新しい方法で、中国語の音を中国語のままで理解し、中国語のまま口から出せるよう、練習しましょう。

備考 ■テキスト(2019年新テキスト)
入門「入門カレント中国」 遠藤光暁 朝日出版社
初級「カレント中国 初級から中級へ」 遠藤光暁
 朝日出版社
中級「漢語口語速成基礎編(第二版)(日本語注釈)」
       李 德釣・马箭飛 北京語言大学出版社
この講座に申し込む