朗読でアンチエイジング!

講師
葉野 ミツル 日本朗読検定協会認定講師(プロフェッサー)、上級検定員、読み聞かせインストラクター(プラチナ)、国際芸術連盟朗読家会員
皆さんは子供の頃、本を読み聞かせてもらったことはありませんか?温かい声に聴きいって、別世界で遊べたのではないでしょうか。そんな世界を、聴いて受け取るだけではもったいないと思われませんか? 受動態より能動態、受け身でいるより、自ら発信していく方がアンチエイジングになるのです。朗読をする時、情景を想像し、読む声を自らも聴き、人にも届けようとしています。色々な感覚を総動員しているのですから、脳のトレーニングになります。しかも身の回りに本や新聞等々、魅力的な素材はたくさんあります。音読をすすめる本が流行ったのも、このすぐにも始められる「自らやる」楽しみに皆さんが気づかれたからでしょう。 滑舌や間、共鳴の使い方などを知ると、もっと楽に、効果的に、そして安心して朗読をすることができます。大声も大量の息も必要ありません。日頃のコミュニケーションでも、言いたいことが伝わりやすくなったとの声を、受講者の方々から頂いております。 どこでも、誰でも、いつからでも、楽しめる朗読をご一緒しませんか。
教室 第3教室(若葉興業ビル)
授業日

第1・3火曜日 13:00 ~ 14:30

持ち物 筆記用具
受講料

15,675円(税込) 3ヶ月5回

日程

<4月期>

4/06、4/20

朗読・読み聞かせの基礎を知り、実際に短い文を読んでみましょう。

5/18、6/01

基礎を確認しながら、詩や文芸作品の一部を読み、聴き手に正しく伝えましょう。

6/15

強調や間の取り方にも注意して、詩や文芸作品を効果的に読んでみましょう。

6/29

強調や間の取り方も工夫して、作品の情景が伝わるように読んでみましょう。

体験会 4月6日・20日(火)13:00~14:30 (1,100円)
講師プロフィール 東京大学文学部英語英米文学専攻卒業。朗読・演劇活動とその指導、英語public speaking指導に長く関わる。「銀河鉄道の夜」「夢十夜」「掌の小説」「班女」等、国際芸術連盟主催公演はじめ、都内ホール・劇場での朗読及び朗読劇公演に数多く出演している。また現代作曲家とのコラボレーションにも意欲的に取り組んでいる。日本語、英語、英語翻訳作品をレパートリーとし、自ら翻訳もする。英検1級、通訳ガイド免許あり。新宿・仙川・横浜等のカルチャーセンターで朗読講座の講師をつとめる他、個人指導、短期の朗読検定対策講座も開講している。YouTubeアカウント「葉野ミツル」に朗読作品あり。同名のfacebookに出演等の告知あり。

講師から一言
基本の一歩から始めますので、全く初めての方も大歓迎です!基本が身につくと声帯に負担なく、少しの息でも声がクリアに響きます。将来的に朗読ボランティアをしてみたい、朗読や読み聞かせ検定を受けてみたい方にも基本の確認は大事です。お持ちの声の良さを100%活かして、朗読でリフレッシュしましょう。受講者発表会に参加することもできます(年一度程度、希望者のみ)。検定受験のご希望があれば認定講師としてアドバイスさせて頂きます。明るく楽しい朗読の時間をご一緒しましょう!(YouTube「葉野ミツル」で朗読作品をお聴き頂けます)
この講座に申し込む