占い(四柱推命・易学・気学)

講師
児島 涯展
日本占術協会所属・易学研究会会員

私たちの出生には、ある種の偶然(男女の性別・貧富・賢愚・健否等)の下に、先天的条件をもって生まれてきています。この出発点で条件づけられた偶然的事情は、我々一人一人にとって、永らく尾をひいて影響をもたらします。
しかし、それはあくまでも暗示、誘引力であって、決定的なものではありません。これを自覚し、進んで対応策を講ずることによって、変更し得るものなのです。易占いの主眼とするところは、人生の羅針盤のごとく、運命開発のためのもの。
これまでの講座に、「易学」の時間を加えて学びます。月4回コースのうち、2回は「推命」と「気学」に充て、一層の充実に努めるとともに、残り2回は、「易経」を重点的に学び、難事の克服に努めようと思います。
易経は、陰陽説を原理とし、「陽」と「陰」を用いて占う儒教の経典の最高峰と言えるでしょう。八卦の事象を、陽と陰の組み合わせである「乾(ケン)、兌(ダ)、離(リ)、震(シン)、巽(ソン)、坎(カン)、艮(ゴン)、坤(コン)」で表します。
人事百般の難事に直面した時こそ、易経の「ことば」があなたを救うことでしょう。

教室 第3教室(若葉興業ビル3F)教室案内
授業日

月2回コース:第1・3木曜日 10:30 ~ 12:30

月2回コース:第2・4木曜日 10:30 ~ 12:30

月4回コース:木曜日 10:30 ~ 12:30

持ち物 筆記用具
受講料

16,830円(税込) 3ヵ月6回 

31,680円(税込) 3ヵ月12回

日程

<4月期>1・3木曜

4/01、4/15、5/06、5/20、6/03、6/17

※日程は変更する場合がございます

<4月期>2・4木曜

4/08、4/22、5/13、5/27、6/10、6/24

※日程は変更する場合がございます

<4月期>木曜

4/01、4/08、4/15、4/22、5/06、5/13、5/20、5/27、6/03、6/10、6/17、6/24

※日程は変更する場合がございます

<7月期>月2回1・3木曜

7/01、7/15、8/05、8/19、9/02、9/16

※日程は変更する場合がございます

<7月期>2回2・4木曜

7/08、7/29、8/12、8/26、9/09、9/30

※7月29日・9月30日は四柱推命です
※日程は変更する場合がございます

<7月期>木曜

7/01、7/08、7/15、7/29、8/05、8/12、8/19、8/26、9/02、9/09、9/16、9/30

※7月29日・9月30日は四柱推命です
※日程は変更する場合がございます

教材費 コピー代
体験会 1回分受講料で随時体験をお受けします。詳しくはお問い合わせください。
講師プロフィール 二十代のあるとき、自分の額の一本皺に興味をもち、独学で人相学を学ぶ。しかし独学では偏りのある見方、考え方になりやすいと判断、師を求め、易学、推命学、気学を修める。その後公民館、文化センターなどで講演や講座を受けもち、数多くの優秀な人材を世に送り、現在も推命、易経の指導育成にあたっている。
備考 講師からのメッセージ
占いの内容には気候の変化の根本の理念とし、人間の生存は、どのように自然と対応して生きるかを主眼として編み出されていますが、多忙な生活に追われて、この自然現象を何気なく見過ごしてしまいがち…。占いを習得し、各人の実生活の向上と平安とを求めるべく、占いの正しい基礎を研鑽してみよう。そして発展期には大いに伸張、凶運気には冷静に将来に目を向け、方針をたて、努力し待つといった姿勢で、大難を小難に、小難を無難にできることを知るべきでしょう。

この講座に申し込む