やさしいハワイアンスチールギター

講師
小林 潔  (JMU日本音楽家ユニオン, HSGAハワイアンスチールギター協会(米国)会員)

1880年代にハワイの学生ジョセフケククがギターを練習中にスライド奏法を発見。ギターを膝の上に横に(平らに)置いて、独特のスライド音でフラの曲などを弾き、たちまちその魅力的なサウンドが世界中にひろがりました。

その後、電気で音を増巾させたり、調弦のちがう複数本のネック、さらにペダルによって和音を変えるなど、スチールギターはわずか百数十年のうちに、著しい進化をとげました。

日本でも戦前1930年代から流行りはじめ、戦後、灰田兄弟、バッキー白片、オッパチこと大橋節夫氏らによって大ブームを巻き起こしました。

ハワイでは、ウエブリーエドワーズのラジオ番組「Hawaii Calls」を毎週土曜に全世界に向けて発信し、本場の音が世界中に流れ、多くのファンを作りました。

私もその中の一人です。日本で流行ったジャパニーズハワイアンではなく、より本場に近いサウンドで弾けるか長年研究してきました。その効果を出来るだけ多くの方々にお教えしたいと、この教室を開講する運びとなりました。指導歴40年以上の体験から、生徒の皆さんのレベルに合わせたレッスンをいたします。

第2・4水曜に入門クラスを新設しました。

授業日
第2・4水曜 入門 15:00 ~ 16:30
第2・4日曜 初級 10:00 ~ 11:30
授業料
入門33,372円 (税込)3ヶ月6回
初級33,372円 (税込)3ヶ月6回
持ち物
バー、爪、筆記用具、録音器、お持ちの方は自分のスチールギター ※6弦のものは貸し出しがございます。
講師プロフィール
4歳で聴音、5歳よりピアノのレッスンを受け、13歳でウクレレを独学、15歳でスチールギターを弾き始める。慶応義塾大在学中からプロに認められ、サラリーマンの傍ら「瀬戸の花嫁」「天使の誘惑」など多くのレコーディングに参加。脱サラして本格的にジャズ理論を学び、3冊の教則本、2巻の教則ビデオなどを制作する一方1983年から毎年ハワイのスチールギター大会に日本代表で参加。スタジオはペダルだが、ライブはラップスチールを弾いている。
メロディーはジュールス・ア・シー風、アドリブはジャズのフレーズがよどみなく出てくる独特なスタイルで国内はもとより、海外にも多くのファンがいる。
過去のソロアルバムの他自主制作のCDを2枚、教則ビデオも2巻制作。自宅での個人レッスンのほか全国ネットで通信講座・教材販売を展開。昼間は年中無休でスチールギター・ウクレレ・ピアノ・ベースを教え、夜は教材作りをしながら、六本木のハワイアンレストランバーHo'okipa(ホオキパ)に出演。ピアノ・スチールギター・歌でお客を楽しませている。
教室
第3教室 若葉興業ビル
日程
第2・4水曜 (入門)     第2・4日曜(初級)
10/11      10/8
10/25      10/22※台風のため休講12/17に振替
11/8      11/12
11/22      11/26
12/13      12/10
12/27      12/17
      12/24
1/10      1/14
1/24      1/28
2/14      2/11
2/28      2/25
3/14      3/11
3/28      3/25

関連講座
やすらぎの音シター
ピアノ個人レッスン(諸橋クラス)
ピアノ個人レッスン(相川クラス)
初心者からのピアノ個人レッスン
中島伸子のゼロからのピアノ
ゼロからの楽譜の読み方(個人)
ジャズピアノ個人レッスン(初級~上級)
フルート
オカリナ
リコーダー・アンサンブル
やさしいハーモニカ(10ホールズ)
ウクレレ入門
楽しいウクレレ&メレ
小出茂のウクレレ
バッキー白片流ウクレレ
ウクレレで歌おう! ~はじめの一歩~
やさしいハワイアンスチールギター
バンジョーで歌う
中国胡弓(二胡)
二胡教室
やさしいキーボード
やさしいアコースティックギター
クラシックギター
癒しと安らぎの楽器ハープ
マンドリン(初歩から合奏まで)
マトリョミン演奏
テルミン演奏
はじめてのヴァイオリン
チェロ名曲を銘器で楽しむ
チェロ教室
パーカッション・カホン
はじめてのパイプオルガン