墨 絵

講師
西川 正浩  (墨東会主宰)

本講座の目的は楽しんで絵を描くこと、自分にしか描けない絵の制作です。従って基本的な運筆、表現法を学んだ後は極力自分の写生をもとに絵を描くことを願うものです。墨絵の特徴は運筆と墨色に尽きます。この二つのもののうち運筆は大いに技術的なものであり、墨色はどちらかというと個性的なものだといえます。従って模写によって運筆練習を重ねることにより技術は上達します。基本的な墨色の使い方もマスターできるでしょう。しかし、模写ばかりでは自分の絵は描けません。墨絵に限らず全ての絵の基本は写生であり、写生の基本は対象をよく観ることです。概念で描くのではなくあくまで対象から出発すべきでしょう。写生が楽しくなればしめたものです。墨絵は修正が出来ません。そのため、最少の運筆訓練は欠かせませんが是非、楽しみつつ独自の絵を描いてください。

講師からのメッセージ

筆ならではの多様な線、墨の濃淡の作り出す玄妙な美しさを味わってみませんか。「絵を見るのは好きだけれど、才能がないから」と二の足を踏む人が多いのですが、とにかく始めてみない事には。自分の意外な才能に気付かされる驚きを体験してみて下さい。墨絵は古来、職業画家ではなく素人が重要な役割を果たしてきたものです。第一に求められるのは、器用さ上手さではありません。下手な人の方が素直でいい絵を描く例が多いのです。今迄の人生経験を生かすことの出来るのが墨絵の特徴であり、よさなのです。

授業日
第1・2水曜日 13:00 ~ 15:00
授業料
14,550円 (税込) 3ヶ月6回
持ち物
・付立筆,墨
・硯
・敷布(白)
・筆洗
・雑巾
・絵皿三枚
・文鎮
講師プロフィール
1970年3月 京都大学農学部林産工学科卒業
1972年4月 京都大学文学部哲学科宗教哲学編入学
1974年3月 同上 卒業
1973年  水墨画を始める。木村金風に学ぶ
1976年~ 日本アートスクールにて墨絵通信講座指導
1978年~ 日本アートスクール墨絵教室にて指導
1982年~ 日本アートスクールをやめ墨絵教室墨東会主宰、現在に至る
1983~1986年 墨東会展覧会
1985年 銀座にて個展
1986年 福島にて二人展
1989年~ 墨絵教室 ぶなの会主宰、現在に至る
2001年~ 江東区深川老人福祉センター森下分館にて墨絵教室
2001~2007年 恵比寿社会保険福祉センターにて墨絵教室
2004年 墨東会 ぶなの会合同展
教室
第2教室 アンセルモ教会教室集会室
日程
10/4
10/11
11/1
11/8
12/6
12/13
1/10
1/31
2/7
2/14
3/7
3/14

関連講座
ファッション・イラスト入門
受胎告知とキリストの御降誕図
絵画教室(水彩・油絵・パステル)
基礎から学ぶ油絵
油絵
13歳からの造形教室
やさしい水彩画
楽しく水彩画を
はじめての水彩画
風景画教室
楽しい絵画(水彩・油絵)
パステル画・古典模写
デッサン・パステル
絵の時間‐デッサン・水彩ほか
色えんぴつ画
3ステップで描く色鉛筆画
ボタニカルアート(自然史植物画)
ボタニカルアート
はじめてのボタニカルアート
日本画・古典模写(仏画)
日本画
水墨画
墨 絵
絵手紙(水)
絵手紙(金)
絵手紙(井手上先生)
中高年のための楽しいイラスト教室
きりえを楽しむ