はじめての仏画

講師
 盧 万喜 ( 画家)

古より仏画は、仏教の慈悲や智慧の教えを、神仏の姿をかりて表現してきた宗教画です。この性格上、約束事も多い絵画ではありますが、歴史をひも解き仏教が繁栄してきたアジア地域の各時代の変遷をたどってみると、そこには、枠を越えた個性豊かで、それぞれの地域の価値感や生活様式に沿った表現が多く見られます。
この講座でも、神仏の品格や教えを踏まえつつ、現代や各自の感性に合った仏の絵をめざします。仏画には白描画という仏の姿を筆線のみで描いた絵と、色を施した彩色画の二種類があります。講座では、仏画に必要な「鉄線描」(線の強弱や抑揚を抑えた幾何学的な線)の練習から始め、徐々に彩色画へと向います。
線描画(白描画)だけでも充分美しい絵となりますが、彩色や金彩を施すと更に神々しさが増します。

授業日
第1・3・5水曜日 13:15 ~ 15:15
授業料
24,420円 (税込)  3ヶ月6回
持ち物
筆記用具、*初日に画材の説明。
後日、各自が購入
講師プロフィール
1986年より東京をはじめ海外での個展やグループ展で精力的に芸術活動を行う。
抽象絵画を中心とした作品を創る一方で、古典技法をベースに、あらゆる絵画技法を混在した現代の感性を志向する仏画を制作している。現在、東京(小平)にある国平寺には24点の仏画が奉納されている。また、他分野(舞踊や立体像)とのコラボレーション等も積極的に行っている。
現在、東洋美術学校 絵画科と中国水墨学科 講師。
「仏画教室」は東急BE(二子玉川)、埼玉県(大宮)、長野県(八ヶ岳)で開催中

講師から一言
日々あわただしくストレスの多い現代生活の中で、筆と墨でていねいに仏さまの姿を描いていると、ざわついた心も静まり集中力が高まります。絵筆をにぎったことの無い初心者の方から、自分オリジナルの仏画を描いてみたい方まで、レベルに合わせてていねいに指導いたします。仏画と向き合う静かな一時を、共に楽しみましょう
教室
第2教室 アンセルモ教会教室集会室
日程
10月期
10/07
10/21
11/04
11/18
12/02
12/16
体験会日程
2020年10月07日:4,070円

関連講座
基礎から学ぶ油絵
油絵
絵画の基礎
絵画の基本と表現を学ぶ
絵画入門
楽しく絵画を学ぼう
洋画(土曜)
造形教室
やさしい水彩画
楽しく水彩画を
はじめての水彩画
風景画教室
楽しい絵画(水彩・油絵)
初めてのコラージュ
パステル画・古典模写
デッサン・パステル
色えんぴつ画
3ステップで描く色鉛筆画
鉛筆で描く
ボタニカルアート
ボタニカルアート(自然史植物画)
はじめてのボタニカルアート
日本画 米倉教室
能島千明の日本画
日本画(金曜)
水墨画
墨を楽しむ水墨画
はじめての仏画
絵手紙
絵手紙(井手上先生)
マンガ・イラスト教室
ファッション・イラスト入門
きりえを楽しむ