スペインタイル絵付け

講師
手塚 環

タイルアート2

絵に自信のない方でも、気軽に楽しく始められる絵付け講座です。トレーシングペーパーの図案を素焼きタイルに写し、鉛筆でなぞった線の内側外側に釉薬を流し込むスポイト作業は、塗り絵を仕上げていく工程と同じでとっても簡単。15世紀にイスラム諸国からスペインに伝えられたというこの方法は、クエルダ・セカ技法といい、鉛筆に含まれる黒鉛と油の成分が水をはじき釉薬が混ざり合うのを防ぐ性質を利用したものです。スペインタイルの一般的な絵付けには、このクエルダ・セカ技法と手描き水彩によるマジョルカ技法(ソブレ・バーニョ)があります。

基礎を身につけたあと、クエルダ・セカの原点である黒い着色オイル線で描くハフト・ランギーや、化粧泥で立体的な輪郭を描く手描きスリップ(チューブライン)、水彩のソブレ・バーニョなどにも挑戦します。

 

講師からのメッセージ

スペイン直輸入の釉薬で描く鮮やかなタイル絵。工房の参考図案だけでなくご自身のデザインを使って混色やボカシ、点描、金彩、モザイク風などいろいろな表現方法を学びます。出来上がった作品は額装のほか表札や鍋敷き、ミニマグネット、時計盤、インテリアおよびエクステリアの壁面装飾など様々な用途にお使いいただけます。暮らしに彩りをそえる個性豊かな作品をあなたも描いてみませんか?

授業日
第1・第3 火曜日 10:00 ~ 12:00
授業料
20,790円 (税込)3ヵ月6回 (10月期)
教材費
タイル 200円~(大きさによります。)
※講師に直接お支払い下さい。
持ち物
エプロン(胸まであるものがベター)
講師プロフィール
講師経歴
1955年  東京都品川区出身。
1990年  フラメンコとスペイン語を学ぶために渡西。
       マドリッド滞在中、画家堀越千秋氏の紹介により陶器とタイルの絵付け職人
       アントニオ・デ・ラ・ オジャ氏のもとでタイル絵を学ぶ。
1995年  帰国。
1996年  一般社団法人日本フラメンコ協会主催の第五回新人公演にてカンテ部門奨励賞を受賞。
       絵付けから遠ざかりフラメンコ歌手として活躍。
2012年  東京杉並区にある廣井ヒトミ氏の工房でタイル絵を再開する。
2014年  「絵付け教室 MAHALO ワークショップ」を始動。
2016年  フラメンコ引退を機に教室名称を『アートタイル工房 MAHALO』に改める。
2016年  第二回クリスマス・アート・コンペティション(神奈川県横浜市)
       ベスト・ アーティスト賞を受賞。
2018年  田中一村生誕110年記念 第17回奄美を描く美術展(鹿児島県奄美市
       田中 一村記念美術館主催)入選。
2019年  田中一村記念美術館 第18回奄美を描く美術展(鹿児島県奄美市) 奄美の杜賞を受賞。





教室
第3教室 若葉興業ビル
日程
10月期
10/01
10/15
11/05
11/19
12/03
12/17

関連講座
ステンドグラス小物作成
プルメリア・ポーセリン・ペインティング
初心者のためのポーセリン・レースドール(磁器人形)
ボヘミア色被せガラス手彫り教室
彫 金
ジュエリーメーキング
アートクレイシルバー
ワイヤークラフト造形
 ツチトテ ~暮らしの陶芸~
金継ぎと蒔絵
つるを編む・籐工芸
スペインタイル絵付け
彫刻(木彫)
楽しい仏像彫刻~伝統仏像から微笑仏像まで~
仏像を彫る
佛像彫刻(坂井教室)~仏師が教える~
花の木彫り
鎌倉彫入門
鎌倉彫 (金曜クラス)
裏打ちと表装
市松人形教室
人形のきもの