和紙ちぎり絵を楽しむ

講師
佐藤 淳子(ハクビ和紙ちぎり絵学院師範会講師)

日本の古来よりある手漉き和紙を使用して、花や景色など四季折々の題材で作品を描きます。カッターやハサミを使用することなく手でちぎるため、繊維が出て和紙特有の表現が可能です。見本を見ながら作品を制作するので絵が苦手な方も楽しんでいただけます。

作品は色紙に制作しますが、季節により、暑中見舞いハガキ、クリスマスカード、年賀状なども制作します。様々な和紙を使用するので和紙の扱い方や表現技法を習得することができます。見本は講師のオリジナルのため他にはない目黒学園独自の作品になります。

また、資格を取りたい方には資格取得コースも用意しています。途中から資格取得コースに変更することも可能です。趣味としてちぎり絵を始めたい方、本格的に学び講師を目指す方、ちぎり絵に興味のある方はぢなたでもご参加可能です。楽しく学んでいきましょう。

教室 第2教室(アンセルモ教会集会室)
授業日

第4木曜日 13:00 ~ 15:00

持ち物 のり(フエキ糊、ヤマト糊などのでんぷんのり)、 お手拭き、新聞紙
受講料

11,880円(税込) 3ヶ月3回

日程

<1月期>

1/27、2/24、3/24

※日程は変更する場合があります。

教材費 1回 1,000円~2,000円程度 
※直接講師にお支払いください。
体験会 12月23日(木) 13:00~15:00  体験料金:2,750円  手漉き和紙で「シクラメン」を作ります。 ※事前にお手続きをお願いいたします。
講師プロフィール 講師略歴
共立女子大学国際文化学部卒業
2010年より8年間、敬老館、児童館、国際交流会にて和紙ちぎり絵の指導をする。
2019年11月 全国和紙ちぎり絵芸術協会教授(師範)取得。
2021年4月よりハクビ和紙ちぎり絵学院師範会講師。
この講座に申し込む